自分の時間が夫婦関係を良くする!夫が趣味を続けるには?

共働き仲良し夫婦

結婚して、子どもができても自分の時間は欲しいですよね。
夫婦関係を良くするためにも趣味の時間などを作りストレスを発散させることは、とてもは重要です。
私の趣味は、ゴルフと筋トレです
どちらも時間がかかりますので、妻の理解が必要です。

今回は私の体験と、どうすれば妻の理解を得ることが出来るのか考えてみました!

家族持ちの男性が趣味を続ける上で必要なこと

まず、趣味を続けるためには何が必要でしょうか

お金

何をするにもお金は必要です。
しかし、サラリーマンの方であれば自由に使えるお金は少なく、毎月少しのお小遣いしかない場合が多いのではないでしょうか
趣味によっては、お小遣い以上の金額の道具を買う必要がある場合も出てきます。

時間

ゴルフや釣りは、楽しむのに何時間もかかります。
勿論、その他の趣味も大なり小なりあるでしょうが、時間は必要ですね。
私の場合は、早く起きて、家族が寝静まっているときにゴルフの練習やトレーニングをしています。
しかしながらゴルフコースに行くときなどは、半日以上かかってしまいます。
家族みんなで楽しめる趣味であればよいですが、そうでなければ自分だけの時間が欲しいですよね。

妻の理解を得るためには

旦那さんが自分の好きなこと・趣味を続けるためには家族、特に奥様の理解を得ることは不可欠であると思います。
私は成功と失敗を繰り返しながら、最近になってやっと妻からの理解を得ることが出来てきました。
では具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

「いつでも寄り添ってくれる旦那」になろう

いまいちよくわかりませんね。笑
自分のことを理解してもらおうと思うなら、自分も相手に理解してもらわなければなりません。
女性は常に共感してもらうことを望んでいます。
辛いときに同じ気持ちになってあげることで、「いつも寄り添ってくれる旦那」になることが出来ます。
しかし、他人と同じ気持ちになることなどできませんよね?
必要なのは、「共感している」と伝えることです。
それに、感謝の気持ちを常に加えていれば更に良いですね。
例えば、育児がつらいと嫁から言われれば
「そうだね….いつも大変だよね。感謝しているよ。」
仕事がきつくて疲れたと言えば
「今日も疲れたね。いつも家族のために働いてくれてありがとう。」
というように、共感+感謝の言葉が勝利への方程式です。

ちなみに、妻から愚痴等を言われたときに改善策を言うと怒らせてしまう可能性がありますので注意してください。
例えば、先ほどと同様、仕事がきつくて疲れたと言われたときに
「合ってないんじゃない?やめたら?」
などというと一発アウトです。
女性は
「やめたら?!何よ?私のこと全然分かろうとしてくれない!!」
と激怒し、自分の時間は遠のいていくでしょう。

家事をすることはそこまで重要ではない?

家事育児は全て女性がするという時代ではありません。
共働きの夫婦なおさら家事は分担しているでしょう。
そこで自分が行なっている家事の比率を増やしても奥様にはそこまで感謝はされません。
女性なりの家事のやり方もありますので下手に手を出すことはお勧めしません。

しかし、たまに手料理を披露することは喜ばれます。
手の込んだ料理を作る必要はありません。
肉はだれでも焼けますし、カレーはルーの箱の裏を読めばすぐに通ることが出来ます。
いつも料理は奥様の役割であるならば、たまに手料理を披露してみてください。

記念日に勝負をかけろ!!

最も良いのは結婚記念日でしょう。
子どもを預けて少し良いレストランに行き、食事をしながら日ごろの感謝の気持を述べましょう。
あまりサプライズで良いレストランへ連れていくことはお勧めしません。
女性は、そういう場所へはおしゃれをしていきたいですし、高いお金を払って気にいらない場所であったら不機嫌にってしまいます。
出来れば事前に
「次の記念日は2人だけの時間を作って、昔よく行ってた○○へ行こうか」
と伝えておくほうが良いです。
理由は、奥様がその日まで楽しみに機嫌よく過ごしてくれますし、事前に美容室に行くなどの準備が出来るからです。

記念日をしっかり押さえて奥様をいつも機嫌が良い状態にしておけば、少しぐらい旦那さんが自分のためにお金・時間をつかっても、許してくれるようになります。

まとめ

結婚し子供が出来ると、自分の時間は中々作れません。
家族に反対され、嫌味を言われながら趣味を続けることは、逆にストレスになります。
作戦を練り自分の時間を勝ち取りしょう!!

コメント